競売よりも一般市場で売却可能な任意売却を選ぶメリット

ローンに関する法律の勉強をしてみよう

任意売却のメリット

ローンの支払が難しくなれば住宅は抵当権の実行により競売にかけられてしまいます。競売では市場より低い金額で売却が行なわれます。しかしその前に一般市場で売却ができる任意売却を選ぶとローンをまかなえる時もあります。

競売の前に任意売却

住宅ローンを組んで住宅を購入した場合、ローンの返済が難しくなったり、返済が滞ったりすると住宅は競売にかけられます。その前に任意売却という手段を取ると通常の不動産売却で売買が行われ、適正価格で売却することが可能です。

リロケーションとは

最近日本で増えてきている賃貸住宅にリロケーションがあります。リロケーションとは期限付きで物件を貸すことを指し、オーナーが何かしらの理由で住宅から離れた際に貸すことで収益を見込むことが可能です。

任意売却の選択と利点

競売は安いからこそ任意売却を

生活の状況によって、頑張って購入した物でも手放さなければいけない時があります。 その代表的な物になるのが、自動車やマイホームです。 ローン購入を必要としている物は、ローン支払いができなくなると手放さなければいけません。 住宅の場合、とても安く売られてしまう競売にかけられてしまうため、かなり安くなります。 通常2000万円程度で売れるとしていても、競売だと1000万円程度になることもあります。 だからこそ競売になる前に通常の価格で売れる任意売却がオススメされています。 任意売却は、報酬や手数料などを必要としていますが、これらの費用は売れたお金で支払いしますので、数十万円用意しなければいけないわけではありません。 なので困ったらまずは相談して任意売却するのかどうかを検討しましょう。

相談するのにお金は必要なのか

任意売却を検討している際にまずしなければいけないのが相談になります。 この任意売却はいきなりできるわけでもなく、さらにとても簡単にできるわけではありません。 だからこそ任意売却がする際には必ず相談してから進めなければいけません。 そこで気になるのが、相談する際に費用は必要としているのかどうかです。 任意売却の相談が出来る会社によって違いますが、ほどんどが無料で相談に乗ってくれます。 そもそもお金に困って相談しようとしているのに、相談だけで費用を必要としていると、相談したくても出来ません。 だからこそ無料相談を可能としていますので、しっかりと相談をして今後どうするのかを決めるようにしてください。 ただし、相談で全てが無料としているわけではありません。 その場では必要としていなくても、あとから請求される場合もありますので、よく注意して選んで相談しましょう。